かわさき音楽イベントリポート

2017.02.20

かわさきFM「ミュートンパーク」

第5回ゲストの㈱チッタエンタテイメント 取締役の土岐一利さん

生放送の様子

かわさきFM(79.1MHz)の「ミュートンパーク」第5回のゲストは㈱チッタエンタテイメントの取締役の土岐一利さんをお迎えしました。
*同時録音より抜粋
Q「チッタエンタテイメントではどのような仕事を?」
土岐「川崎駅前のラ チッタデッラという商業施設の広報の仕事をしています。もともと映画館を運営する会社で、95年前に東京で始め、何軒もの映画館や他にも寄席、銭湯などを作ったそうで「娯楽の街」を作りたいと思うようになっていたところ、ある時、川崎駅前の広大な土地が売りに出されていてたそうで、それが現在のラ チッタデッラのスタートだそうです。」
Q「音楽を意識して聞き出したのはいつ頃?」
土岐「物心ついた時から家中じゅうで音楽が鳴っていました。母が音楽好きで、クラシック、ジャズ、歌謡曲、兄と姉からはフォーク、ロックとずっと聴かされていました。吉田拓郎世代ではないのですが、全部のアルバムは聴いています。真剣に音楽にはまった中学生の時には洋楽(ディープパープル、レッドツェッペリンなど)にはまり、バンドを始めました。RCサクセションの「雨あがりの夜空に」は人前で初めて披露(高1の学園祭)した曲です。」
Q「1曲目(M-2)の曲を選ばれたのは?」
土岐「高校時代は色々な音楽を聴いていたのですが、ディスコ音楽が全盛期で、この曲はとても衝撃的で、なんて格好いいんだろうと。アレンジが他と違いスタイリッシュでビジュアルのおしゃれ感にもはまってしまいました。」
Q「今、気になっていることは?」
土岐「ミュージカル映画「ラ ラ ランド」が間もなく公開になります。スピーカーシステム(クラブチッタが監修)を刷新した素晴らしい音響(ライブ ザウンド)で見ることができますので、是非いらしてください。」
Q「2曲目(M-3)のおすすめの曲は?」
土岐「クラブシーンで1番聴きこんで影響を受けた曲です。とにかくかっこいい!!」

土岐さんは、子どもの頃、お母さまとおばあさまのお知り合いの先生に三味線の手ほどきを受けられ、中学時代まで続けられていたとか。バンドを始めた時、本当は花方のギターをやりたかったそうですが、三味線の癖がついてしまいドラムをやっていたそうです。
たのしいお話をありがとうございました。
これからも、川崎のエンターテイメントの第一人者として、「音楽のまち・かわさき」をよろしくお願いします。


ミュートンパーク
放送日時 毎月第3月曜日 17:20~17:50

2/20 O.A曲
オープニング  モンキーズ/「デイ・ドリーム・ビリーバー」
M-1       RCサクセション/「雨あがりの夜空に」
M-2       ユーリズミックス/「スイート・ドリームス」
M-3       ファットボーイ・スリム/「ライト ヒア ライト ナウ」