協議会概要

「音楽のまち・かわさき」推進協議会とは?

推進協議会の目的

川崎市制80周年の2004年4月18日、市民団体「音楽のまち・かわさき」推進協議会が発足しました。音楽を中心とした多様な市民の多彩な文化、芸術活動の創造を通じた、活力とうるおいのある地域社会づくりをめざしています。
川崎市民の音楽活動分野はクラシック、ジャズ、ポップスと幅広く、全国各地の郷土芸能はもとより、朝鮮半島や中国をはじめとするアジア、世界の民族音楽にかかわるものまであって実に多彩です。 市民ばかりでなく、企業オーケストラが活動したり、二つの音楽大学が地域に根ざした取組を展開したりしているのも川崎の大きな特徴といえるでしょう。 国内外で活躍する音楽家も数多く輩出しています。
私たちは、市民の主体的な活動と連携しあいながら、「住んでよかった」「住んでみたい」<新しいふるさと・かわさき>づくりを進めます。

基本方針

(1)基盤づくり
市内に点在する、独自の活動を展開している、質の高い音楽人材・団体・施設の連携を進めることで「音楽のまちづくり」の基盤を形成、整備します。
(2)産業振興
音楽活動を行いやすい環境を整備し、各種の音楽関連産業の振興を進め、市内経済の活性化に貢献します。
(3)裾野拡大
基盤づくり、産業振興を通じて音楽に関わる人の裾野拡大を進めます。
(4)戦略的情報発信
市内を中心に身近な音楽関連情報を発信するとともに、首都圏に向けて「音楽のまち・かわさき」を幅広くアピールします。

あなたの情報を募集します

区役所・支所・出張所・図書館等の公共機関、郵便局、JAセレサ川崎、川崎信用金庫各店舗、川崎市内の鉄道の主な駅などで配布のフリーペーパー「Kawasaki Music プチ Magazine」(奇数月10日発行)やテレビ番組、 ホームページや携帯サイトなどで発信する音楽情報等募集しています。

お問合せ・送り先

「音楽のまち・かわさき」推進協議会事務局
〒212-8554 川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー5階
電話:044-544-9641 FAX:044-544-9647
kawasaki@ongakunomachi.jp

「音楽のまち・かわさき」推進協議会役員

平成29年度
平成29年2月24日現在
会 長 味の素 株式会社 代表取締役会長 伊藤 雅俊
会 長 洗足学園音楽大学 学長 万代 晋也
昭和音楽大学 理事長 下八川 共祐
合唱団「アニモKAWASAKI」 代表 髙野 映子
株式会社チッタ エンタテイメント 取締役 土岐 一利
会 計 JAセレサ川崎 代表理事組合長 原 修一
理 事 公益財団法人 東京交響楽団 楽団長 大野 順二
川崎市アマチュアオーケストラ連盟 代表 横須賀 朝子
神奈川県職場・一般吹奏楽連盟 理事長 小長井 大資
川崎吹奏楽団 団長 鶴田 孝
高津JAZZ協会 会長 赤津 武雄
京浜楽器株式会社 代表取締役社長 原 信一
川崎市総合文化団体連絡会 理事 関 昭三
川崎労働者福祉協議会 会長 小原 洋
川崎市合唱連盟 会長 田中 実
公益財団法人 かわさき市民活動センター 理事長 小倉 敬子
公益財団法人 川崎市文化財団 理事長 多田 昭彦
公益財団法人 川崎市産業振興財団 理事長 曽禰 純一郎
かわさき市民放送株式会社 代表取締役社長 森 敏朗
日本映画大学 学長 佐藤 忠男
神奈川新聞社 クロスメディア営業局第一部長 霜崎 謹二
tvk(テレビ神奈川)常務取締役経営戦略室長 三好 秀人
川崎市 副市長 伊藤 弘
監 事 川崎信用金庫 常務理事 小泉 知寛
川崎商工会議所 専務理事 小泉 幸洋
顧 問 川崎市長 福田 紀彦
川崎商工会議所 会頭 山田 長満
神奈川新聞社 代表取締役社長 並木 裕之
tvk(テレビ神奈川)代表取締役社長 中村 行宏

「音楽のまち・かわさき」FAQ

どうして、川崎が「音楽のまち」なの?

川崎には、実は音楽の人材が豊富なんです。例えば、全米N0.1ヒットを持つ唯一の日本人・坂本九(川崎区生まれ)はじめ、世界のオザワ=小澤征爾、「六甲おろし」作詞家・佐藤惣之助など川崎ゆかりの著名な音楽家が数多くいます。
また、日本のレコード製造発祥の地、美空ひばり「港町十三番地」など川崎を舞台にした音楽資源も多彩なものがあります。
さらに、市内には音楽教育機関が2校あり、それぞれ独自の活動を行っています。市民・企業オーケストラや合唱サークルも数多く存在しています。

そもそも、川崎市が「音楽のまち」を目指すことになったのは?

2004年7月、川崎駅西口に音楽ホール「ミューザ(MUZA)川崎シンフォニーホール」がオープン。産業のまちとして栄えた川崎が、文化の薫り高い「音楽のまち」として生まれ変わる舞台が整ったのです。

「ミューザ川崎シンフォニーホール」って?

1997席の客席と5248本のパイプオルガンを誇る「ワインヤード」式の本格的な音楽ホールです。どの席からも素晴らしい音質が楽しめるほか、「東京交響楽団」が新たにフランチャイズオーケストラとなることも大きな特徴です。
また、4人の一流の音楽家が「ホールアドバイザー」としてこのホールを支えていきます。
チーフアドバイザー秋山和慶(東京交響楽団桂冠指揮者)/小川典子(ピアニスト)/佐山雅弘(ジャズピアニスト)松居直美(オルガニスト)

「音楽のまち・かわさき」推進協議会って?

川崎市の音楽関係者・メディア・行政などが一体となって2004年4月18日に設立した民間団体です。
川崎が「音楽のまち」になるために、さまざまな事業を展開しています。

推進協議会は何をやるの?「ミューザ」の事業を行うの?

「ミューザ川崎シンフォニーホール」の運営を行うわけではありません。「ミューザ川崎シンフォニーホール」を象徴に、川崎市全体が「音楽のまち」となるよう全体のまちづくりを考えていきます。
川崎の豊富な音楽活動・イベントや人材の情報を収集し、また多くの人たちに知ってもらい、「音楽のまち」づくりに活かしていきたいと思っています。
さらに、これから音楽活動を行う人たちのためになるような「相談」・「募集」・「研修」・「養成」などの活動、音楽や音に関する産業につながる情報発信・イベントなども企画していきます。

将来の目標は?

音楽を中心とした「魅力のある新しいまち」川崎を創造するとともに、市内外はもとより、世界に「音楽のまち」として認知してもらえること。そのために例えば川崎を舞台に「国際音楽祭」 の開催などをここ数年の目標にしています。
特に、川崎の特性から朝鮮半島・中国や沖縄の音楽などをフィーチャーしたものはどうだろうかと模索しています。

誰でも参加できるの?

もちろんOKです。「推進協議会」は、多くの市民の参加を歓迎します。
特に、私たちの行うイベントや事業を一緒に考え進めてくださる方や市内の音楽情報を収集・提供してくださる方など、 それぞれの立場でお手伝いしてくださる方の参加を随時求めています。

ご利用上の注意

  1. 申込みをされた日の次の配信分からサービスが開始されますのであらかじめ御了承ください。
    ただし、登録のタイミングによっては、登録直後の回の配信に間に合わない場合がありますので御了承ください。
  2. 登録されるメールアドレスは、登録手続のために送っていただいたメールの「差出人(From)」に表示される発信元メールアドレスとなります。登録手続の前に、メールソフト等の設定の確認をお願いします。
  3. 情報配信料は無料ですが、通信費は本サービス登録者の負担となりますので、あらかじめ御了承ください。
  4. 通信基盤や通信会社の性質上、メールが遅延したり、配信されない場合がありますので、あらかじめ御了承ください。
  5. 登録されたメールアドレスは、川崎市個人情報保護条例に基づき厳正に管理し、本サービス以外に使用することはありません。
  6. 登録者のメールアドレス変更等により、メールが配信できなかった場合は、登録を解除することがあります。引き続き配信を希望する場合には、再登録をお願いします。
  7. 本サービスに関連して利用者が損害を被った場合でも一切の責任は負いかねますので、あらかじめ御了承ください。
  8. 配信された情報の複製頒布、出版、放送等の二次利用、再配布は禁止します。
  9. 本サービスは、通信回線障害、定期点検等により、利用者に通知することなく配信停止することがありますので、あらかじめ御了承ください。
  10. 携帯電話の機種によっては、メールやホームページ上でホームページアドレスやメールアドレスをクリックする機能が使えないものがあります。当該機種では、利用者登録ができませんので、あらかじめ御了承ください。
  11. 携帯電話の機種及び契約の違いによって、まれに文字化け等が発生する場合がありますので、御了承ください。
  12. ドメイン指定受信等の迷惑メール対策を設定している場合、当サービスが利用できない場合があります。あらかじめ「@ongakunomachi.jp」が受信できるよう設定の確認をお願いします。